RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

My First JUGEM

お母さんができる! 眠れない、落ち着かないお子様のためのタッチ講座 6月1日金曜日開催

眠れない、落ち着かないお子様のためのタッチ講座

見守りの瞑想とセラピータッチ実践

 

夜眠るのが怖い‥ままマッサージして‥そうお子様に頼まれたお母様からのリクエストから

この企画は始まりました。

 

普段、落ち着かない、お友達とうまくコミュニケーションできない、幼稚園、学校に行きたがらない‥

そんなお子様をみると、ついつい大人の目線で何かしてあげたい‥そう思ってしまいますね。

けれども、ほんとうの安らぎのタッチは子供に何かしてあげることではありません。

お母様自身が心の中の安らいだ静かな場所で、子供が触れに来るまで待っている‥それがほんとうの安らぎのタッチです。

 

みんなと同じようにできない‥そんな子供を見守ろうと思ってもついつい見張ってしまう‥

それはお母さまがお母様自身のこころを見張っているからです。

”きちんと子育てできているか、母親として間違いないか?”それは親にとっても子供にとっても苦しいことです。

見守るのは、まずは自分自身のこと。”わたしの安らぎとはなにか?心地よさとはなにか?”

この講座では、お子さまとお母さまが安らぎと安心で繋がり合える、そんな見守りとタッチをみんなで探求していきます。

主な内容

⚪️わたしにとって安らぎ、心地よさとはなんだろう。

お母さま自身の身体の声を聴く。そしてしたいようにさせてあげる‥身体に現れる緊張、痛み、努力感に気づき、開放していくための瞑想を行います。

⚪️心地よさの保ち方‥お子さまとの適度な距離感について探求する

日々子供のためにだけ生きていると、自分自身が消え”母親”という役割だけで日常をこなしていくことになります。

そもそも子供との距離が適度であれば、もめずに済むことも多いのです。けれども”自分不在”で役割だけで生きていると

子供とのも適度な距離がわからなくなります。どのくらいの人との距離、またどの場所、どんな姿勢が心地よいのか

役割を手放して、自分自身の心地よさ距離を取り戻すためのワークを行います。

⚪️タッチ実習

お子さまは小さな大人ではありません。毎日何千何億の細胞が新しく生まれ、成長発達を続けています。

昨日の子供、さっきの子供と今目の前にいる子供は別の存在なのです。

子供に今初めて出会うように、向き合う。子供の弱さやできないところではなく、健全に注意を向ける。

そして、お母さま自身が安らいだこころのスペース保ち、そこにお子様が触れに来るのを待つ。

お子さまのタッチのために大切なことをハートで感じながら、実際に”触れる”練習をします。

 

実習の後にゆっくりお茶を飲みながら最後にシェアをします。

講座が始まる前と終わった後、どんな違いがあるでしょうか?

帰ったらお子さまとの関係はどんな風にかわるでしょう…

 

みなさんにお会いできるのをこころから楽しみにしています。

 

 

日時:6月1日 金曜日 9時半より1時ぐらいまで

場所:品川区上大崎1-8-10  9時15分 三田線・南北線白金台駅1番出口改札を上がった地上出口で待ち合わせましょう。

もちもの:動きやすい服装、ハンドタオル。筆記用具。

料金:2000円

*お子様同伴の必要はありません。

 

主催:dee131 http://dee131.sub.jp

緊急連絡先:090-9205-7766


 

| - | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年も!声の達人あやこ村長と神愛保育園でワークショップやります!

好評につき今年もやりますお母さんのためのリラクゼーション講座

声を出すって気持ちいい!

湧き出す声で響きあうハートの音浴ワークショプ

 

【講師】あやこ村長(天然の自分に出会う声のワークショップ「アヤコ村」主宰)

HPhttps://ayakomura.jimdo.com/fbhttps://www.facebook.com/groups/ayakomura/)

やまなか暁施術家/ソマティックセラピスト/認定マタニティタッチアドバイザー

HPhttp://dee131.sub.jp fb>https://www.facebook.com/akiko.yamanaka.50

 

日時:2018年5月17日(木)

午前10時10分〜12時 

場所:神愛保育園 1階 保育室

 

自分の声ってどんな声?

お母さんになるとお子様をしかったりなだめたり、毎日が目まぐるしく、いったいどんな声で自分が話しているかなんて気にする時間はありませんね。

 

でも声は、だれもが必ず生まれながらに持っている世界にたったひとつの宝物。自分の心と身体に寄り添って想いを表現してくれる、一生涯のパートナーです。

 

このワークショップでは、出したい声を出したいように身体全体に響かせながら、しばし

お母さん”の役割から離れ、思い切り心と身体を解放し、普段忘れがちな自分自身の心地よさを取り戻していきます。

 

みんなの出したい声、心地よい声が響き合う場はまさに音風呂。

音のシャワーの中で緩んでいく身体と心、場に広がるなんとも言えない平和な感覚を是非体験に来てください!

 

心地良い眠りに誘うヘッドマッサージ付き。

解放と休息の究極のコラボレーションをお楽しみください。

お申し込みは、ひだまりスタッフまで!お電話でも受け付けています。

神愛子育てひろば”ひだまり”社会福祉法人 雲柱社神愛保育園

〒135−0004 江東区森下3−10−7

T:03ー3633ー1580

F:03ー3633ー1723

保育園ホームページ http://fukushi.unchusha.com/shinnai/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 07:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お母さんができるセラピータッチ講座します。 6月1日金曜日 

お母さんができる! 

眠れない、落ち着かないお子様のためのセラピータッチ講座

見守りの瞑想とセラピータッチ

 

落ち着いて座っていられない‥お友達とうまくコミュニケーションがとれない‥自分の気持ちをつたえられない‥

お友達と喧嘩したり、列からはみ出るのを見るたびに、お母さんはなんとかしなければと気を揉み、疲れ切ってしまいますね。

 

そんな時にわたしたちがしてしまいがちなのはお子様を見張ること。

見守っているつもりがいつのまにか見張りになってしまっていませんか。

 

子育てに重要なのものの一つに距離があります。

物理的な距離もさることながら、こころのスペース・距離が重要になるのです。

そして適度なスペースをとるには、”じぶん”という確かな存在が必要です。

頭の中はいつもお子様のことばかりで、自分がいなくなってしまっては、こころのスペース、距離が取れないのです。

 

同じ状況、出来事が起きても、そこに適度なこころのスペースがあれば、全く状況は異なります。

適度な距離がお子様の自立を助け、自信と生きる力を回復する手助けになるのです。

 

この講座では、まずお母様自身がご自分に寄り添い、見守ります。

そして自分自身にとって心地よい人との距離、スペースの取り方に気づいていく瞑想を通して、お子様に寄り添う準備ができたら、今度はお子様にやさしく触れていきましょう。

お母さん自身の呼吸、心が整っていると、不思議とお子様の呼吸、機嫌も穏やかになっていきます。

 

タッチとはお母様がお子様に触れにいくのではなくて、お子様がお母様のこころに触れに来るのを待つということなのです。

 

もっとも大切なのは、お子様のいる空間の中で、お母様自身が心地よくあることです。

 

見張らなくても、常に心配していなくても、お子様と穏やかなつながりをいつも持っていられる‥

そんな子育てを今日からはじめましょう。

 

================================================================================

 

日時:6月1日 金曜日9時半より1時半ぐらいまで

場所:白金台 *いらっしゃれる方に詳しい場所をご連絡します。

持ち物:動きやすい服装、ハンドタオル。筆記用具。あればヨガマット。

料金:2000円

 

*お子様同伴の必要はありません。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
子供の施術をまなびに‥

今日から子供の施術のクラスが始まる。

お腹の赤ちゃんには触っちゃいけないよ、どんな小さな刺激も赤ちゃんには強すぎるから

そう、トム先生に言われてから、赤ちゃんに触れずに逆子のケアをするようになってから、たくさんの奇跡を赤ちゃんはみせてくれるようになった。

子供に触れるように施術する

それはどういうことなのか、ずっと興味を引いていたけれど、まだまだ経験不足で、なかなか子供の施術の学びにたどり着かなかった。

今回やっと一歩を踏み出すことになる。

お腹の中であかちゃんの脳が大人と同じ脳派で動き出すのは22週前後‥でもそのずっとずっと前に心臓の原型の血管は鼓動を打ち始める‥なにがそのスイッチを押すのだろう‥不思議がいっぱいだ‥

今回の講座と実習は子供の施術のために‥というよりは、人の起源に触れにいく‥そんな感覚がおおきい

まず準備は頭を真っ白にすること。期待も知識もまずは、綺麗にうちにおいていく。

深呼吸して行ってきます。

| - | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まこと保育園で、胎内の瞑想とヨガの母親講座いたします🎵

お腹の赤ちゃんが体験する音と光、感覚を遊ぶ♫

 

胎内の瞑想とヨガのプログラム。

子宮はこだまの鳴り響く部屋‥ お母さんの血液の流れや胃や腸を食べ物が通る音、

そしてお母さんの声を、あかちゃんは耳だけでなく、骨の響きや振動で細胞一つ一つに記憶しています。

 

このワークショップではお腹の中の赤ちゃんの体験を、音、光、動きの瞑想で思い出し、

普段忘れがちな、ご自身とのつながりを深めてから、ルーシーダットン(タイ式ヨガ)で身体と心を健やかに整えます。

 

身体の声を聞き、自分自身に愛情をもちながら行うヨガは、お腹の赤ちゃんの命の尊さをきっと思い出させてくれるでしょう。 マタニティママはもちろん、妊活中の方、子育てに忙しいママ、ご家族もぜひご参加下さい。師:やまなか暁 ソマティックセラピスト マタニティタッチアドバイザ

 

場所:社会福祉法人 聖救主教会 まこと保育園 多目的ホール

   http://makoto-hoikuen.com

日時:2018年 2月10日(土) 10時〜12時

持ち物:うごきやすい服装

問い合わせ:03-3641-6438 (子育てひろば「ころころ」)

| - | 02:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新年あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

旧年中はほんとうに感謝の一年でした。

 

出会った皆さんの細く柔らかい触手が胸の奥へ奥へとやさしく届いて、思考の砦が溶けていくのをはじめて体験しました。

 

何も無くなった時に、ハートの存在を教えてくれた、先生やたくさんの友人たちがいました。

 

もし”自分こそが”わたし”なんだ!”と主張するエゴが現れたら、今年は、ただ立ち止まり、味わってそれが去っていくのを見送るでしょう。

 

そして暖かい日差しの中で、今年訪れてくださる多くの方とひなたぼっこをするでしょう。

 

これからみなさんとご一緒する一年を心から楽しみにしています。今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

やまなか 暁 2018.1.1 元旦

| - | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アレキシソミア(身体を感じられない症状)研究会に参加です。

”私たちは、意識する前には、共通の体験をしている‥”

 

15日関西でのアレキシソミア研究会はフォーカシングの池見先生の最新の論文の発表でした。

意識している前には共通の体験をしている‥

 

さらっと出た論文の合間でのフリートークの時に出た言葉ですが、これはボディワーカーとしては、とても大きな意味のある言葉でした。

 

思考はあいまいなものが得意でない‥というか概念化、対象化しないと捉えることができないので、気づけばそれをしてしまいます。

けれども、私たちの身体自身が起こしている治療は、私たちの知識や概念では説明のつかないことが要になっています。

ボディワークに意味があるとしたら、この全く思考で掴みきれないプロセスを、概念化する前に動きとしてリフレクトできることだと想うのです。

 

そこに癒しのキーがあり、身体を通して行う意味があるのです。

言葉にすれば”動き”なのかもしれませんが、それは私たちが知っている『動き』とはまたすこし性質の違うもので、共通言語をもつ私たちの本来の存在のみが知りうるもので、私たちはそれに意味づけをすると間違いを起こすのです。

 

他ジャンルの交流が意識されないまま広がっている‥不思議な、でもとても有意義な時間でした。

自分のすべきことが、間違いなく、穏やかに、進められているのを感じます。

アレキシソミア研究会は関西ですが、申請をして受け入れられればどなたでも参加できます。
ご興味あれば。ご一緒しましょう。

http://body-thinking.com/alexisomia/introduction/

| - | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
関西医科大心療内科神原先生主催アレキシソミア研究会に参加

久しぶりに関西医科大心療内科学講座神原先生主催のアレキシソミア(身体を感じられない症状)研究会に

参加です。

 

ここは、身体を感じるということと心身の回復が、どのような関係にあるのか、ということをテーマに、心療内科医を始め

 臨床心理士や理学療法士、ボデイワーカーらが研究テーマを発表し合う場です。

 

以前、神原先生を中心に開催された心療内科学会で慶応大学心理学部の寺澤先生は

 

”今”身体の感覚に意識を向けている時と

”今”の感情に意識を向けている時とでは

 

脳の同じ部位現代脳と呼ばれる大脳新皮質と原始脳と呼ばれる大脳辺縁系の間にある

 ”島皮質”が反応をする、という研究結果を発表されています。

 

面白いのはさっき、または昨日私の身体はどんなかんじだったかな?と思い出す時には

感情を思い出そうとしている時とは違う部位が反応をする‥ということ。

 

つまり、”今”の身体の感覚に意識を向けている時に、”今”の感情は同時に動いているということです。

辛い感情に意識を向けずに、身体の感覚をつぶさに感じていくことで、感情についても解放の可能性があるということです。

 

島皮質の話はほんの一部で、ヒトは特融の感情、意識、感覚、環境‥を統合した独特の情報を伝える神経経路によって、他の哺乳類と区別されるー(Craig 2009)とする研究は、すでに1研究者の考えというところから大きく踏み出しているようです。

 

自分の身体を感じる感覚を思考や記憶によって、増幅、書き換えることが可能なのもヒトの特徴で、依存傾向の強い方は

とくに、『ノイズによって増幅された身体感覚(paulus& Stein 2010)』をもっており、それが恒常性維持の邪魔をすることも指摘されているのです。

 

神原先生は、そこにボデイワークの可能性を感じていらっしゃり

 

生きている身体、健全であろうとする身体の感覚についてフィードバックをするという手法を取り入れて、実践してみたところ、確かに依存傾向の高い疾患(摂食障害、睡眠薬を手放せない方‥など‥)に効果が出始めています。

 

要は意識の持ちようが身体の健全を乱している方には効果が出ているのです。

 

逆に無意識下の不調、うつ、トラウマ、過敏性大腸炎、不安神経症などの症状の場合は、逆に意識が身体の恒常性を保つ機能の邪魔をします。意識をしたり、言葉を介さない施術の方が、内側からの治療を進める‥そんな印象です。

 

 

心と身体の病といっても、ほんとうにひとりひとり様々な背景があり、難しいところですが

臨床の場で、いろいろなことがわかってきそうだなという印象です。

 

それでも、一番大事なのはセラピストのあり方。

 

身体とは、賢いもので、基本の動きがあったとしても。環境と

場のエネルギーを受け取っていかようにも、変化をする柔軟性を持っているということです。

 

最終歴に症状を改善するのはメソッドではない!ほんとうにその場に委ねる謙虚さがあるか???人が問われるのだと

思います。

 

先日もあげたように身体は巨大なネットワーク!身体の神秘をとくと楽しんで行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10月28日 まこと保育園で恒例の母親講座いたします!

昨年から続けている、江東区まこと保育園での母親講座
10月28日に下記の通り開催します。

妊活のための元気をもらいたい方、充実したマタニティライフのヒントが欲しい方、日々の子育て疲れをリフレッシュしたい方

ぜひ、ご参加ください!

 

「赤ちゃんを迎えるためのボディワーク講座」 ―身体と心を解き放ってストレスケア!―
セラピスト・マタニティタッチアドバイザー山中あきら先生をお迎えしての講座。
妊活中の方、マタニティのママ、自分に無理をかけているかもしれません。
自然体に…。解き放ってHAPPYを迎え入れましょう!
<日程予定>

10月28日(土)  各10時〜12時                                

産前産後 気分の落ち込みもなんのその!
リフレッシュのコツお伝えします。

出産準備、産後を楽しむカラダのワーク今回は、お一人目で体験した産後うつ体験をお二人目の子育てで見事に活かし、
現在はお二人の子育てライフを楽しんでいらっしゃるハルカさんの体験談を交えて、アッという間に気分をリフレッシュ
できる、呼吸法、エクササイズをご紹介します。

ストレスケアのポイントは、カラダに意識を向けること。

気持ちよく身体を動かしながら、いつもは、気付かない自分の内側からのメッセージに気づいてみましょう。

お問い合わせは:まこと保育園 子育て広場ころころ
03-3641-6438 (子育てひろば「ころころ」
HP http://makoto-hoikuen.com

1ヶ月前から予約できます!ぜひお会いできるのを楽しみにしています🎵

| - | 05:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
8月7日 石垣でセルフヒーリングワークショップを開催します!

石垣でダイビングショップを営みながら、クレニオワーク、自然と身体を通して本来の自分に戻るヒーリング、ライフスタイルを実践しているささきちほちゃんのお招きで、石垣でセルフヒーリングワークショップを開催することになりました!

 

自然の中でご自身を解放したい方、本来の自分とつながり直したい方、ぜひご参加下さい〜!!!

 

セルフヒーリングワークショップ

感じることを思い出す〜Silence〜walking meditation in the morning

 

私たちは、普段私たちに貼り付けられた名前、言葉、イメージを私たちそのものだと思って

日々格闘しています。

 

でも本当の私たちは、そのどれとも違って自由なのです。

 

この時間からも空間からも自由で、そもそも一つである私たちの意識には、考えてもたどり着くことはできません。それは感じることしかできないのです。

 

大地に広がる砂、波、風‥圧倒的な自然に囲まれた石垣は、”感じる”ことに親しむのにぴったりな素晴らしい土地です。

 

裸足で大地のリズムを直接感じ、縮こまったからだに鐘をならずように声を響かせて、心身を目覚めさせていきましょう。

 

わたしの知らないわたしが癒えていく‥そんな魂のクリエイティブな旅を一緒に楽しみましょう。

work shop contents

⚪️内側と外側の静けさを融合する。 ⚪️導かれるままに‥歩行の瞑想 ⚪️声と呼吸の瞑想 

⚪️リラクゼーション(バイオダイナミクス)‥etc

 

日時:8月7日  8時〜11時半

場所; ちいさなお宿NEST (石垣 https://www.facebook.com/NestBanana/         

持ち物:水、動きやすい服装、ヨガマット

 

プラクティショナープロフィール やまなか 暁 ソマティックセラピスト

身体を通したスピリチュアルな成長を促す施術・ワークショップをライフワークにしている。

助産院、心療内科での研修をへて、現在子育て支援センター、心療内科、透析センター(精神科医)にて施術と運動療法を提供している。

トム・シェーバーD.Oよりバイオダイナミクスクレニアルオステオパシー、ゲイル・ローズウッド氏より声と呼吸のヒーリングムーブメントコンティニュアム、またエックハルトトール氏、ジャックブラックバーン氏より、ア・コースインミラクルズ、スピリチュアルな成長について学ぶ。

 

| - | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |